理学療法士として働きながらできるおすすめの副業

スポンサーリンク

理学療法士でも始められる副業があります。それはブログやYoutubeを使ったアウトプットです。

・初任給は良いがそこからあまり給料が上がらない

・理学療法士の勉強はしているが給料に還元されない

・そもそも副業禁止の職場ばかりで副収入を得られない

こういった悩みにぶつかるのではないでしょうか?私も理学療法士として勤務して6年目で結婚し、上記のような悩みにぶつかり、ブログを始めました。

私は理学療法士として勤務しつつブログの収益化に挑戦しています。現在はまだ数千円の収益だけですが、やはり理学療法士として働きながらやる副業には適していると実感しています。

今回、副業として始めるのにブログが適している理由を解説し、副業を始めたい人の後押しをしたいと思っています。

スポンサーリンク

理学療法士が副業を始めるべき理由

理学療法士は3年から4年間、理学療法士養成校でのカリキュラムを修了し、長期の臨床実習、国家試験をクリアしてようやく理学療法士として働きだすことができるようになります。

そして、働きだしても当然ながら変わりゆくリハビリテーション方法論や医療知識の学習は一生続きます。学習が必要といういことは仕事量が増えるということです。当然誰しもが、仕事量に応じた給料が欲しいと思うところでしょう。

しかし、リハ職は離職率も低い上に毎年一万人以上の増加をたどっており、供給過多の状況となっています。厚生労働省の推計においても、2040年には理学療法士、さらには作業療法士も需要に対して供給が1,5倍になると発表しています。 ⇒理学療法士の飽和についての記事はこちら

PT・OT・ST NETより

こういった状況で、高い給料を払わなくても供給がある理学療法士、作業療法士の収入アップは見込めるはずがありません。

こういった状況に対して理学療法士協会は選ばれる理学療法士になる必要を説き、自己研鑽を求めています。もちろん理学療法士という職業の質を向上させ、職域向上を図ることも必要でしょう。しかし、理学療法士の自己研鑽を続けたところで直接的な収入アップには中々繋がりません。

理学療法士の給料に関しての記事はこちら

そのような状況で自己研鑽をひたすら続けていくことは容易ではありません。

となると、あとは理学療法士としての収入以外に、また別の働き方でもうひとつの収入源を確保するという選択は自然な流れだと思います。

なぜブログが適しているのか?

理学療法士の副業にブログが適している理由としては以下の点が挙げられます。

・ブログを書くためのインプットで理学療法士や医療に関する学習ができる

・副業禁止の職場でも確定申告が必要な「20万円/年」に適している

・今後、ブログを書く上で理学療法士という資格は有利になる

この3点に関して以下に説明します。

ブログを書く上で必要な情報収集

ブログを書く行為はアウトプットです。アウトプットするにはインプットが必要となります。副業として始めるブログのテーマは、もちろんリハ関係ではなくても構いませんが、もしリハ関係をテーマにするのであれば本業に必要なインプットができる点が魅力です。

副業の収入を得る為のブログを書くためにするインプットが本業でも生きてくるという好循環が保てます。どうせ副業するなら本業にも活かせ、今までの知識を利用できる効率の良い副業が良いですよね?

現に私もブログを書くために調べたことが臨床や上司との関わりで活きることが何度もありました。

そもそも副業禁止の職場

理学療法士として働く職場では大半が副業禁止であると思います。副業が職場にばれるのは所得に対する住民税が変わることでばれることとなります。しかし、本業以外の収入、つまり副業で稼いだ額が20万円/年に満たない場合は確定申告をする必要がありません。

つまり年間20万円を下回る収入の副業であれば会社にばれないのです。

 肉体労働のアルバイトの場合

年間20万円以下、月に16500円以下でアルバイトしますか?それでも良いですが、肉体労働のアルバイトは年間20万円以下に抑えていても風のうわさや偶然職場の人に会ってします可能性もあります。

年間20万円くらいの収入アップの為にいきなり本業を失うリスクは大きいですよね。副業として肉体労働はすぐに収入が得られる点は優れていますが、職場にばれて副業をやめないといけなくなるとどうでしょう。肉体労働で働いていた期間の経験以外は何も残りませんよね。

 ブログ収益の場合

しかしブログならどうでしょう?ブログの主な収益化はGoogleアドセンスやアフィリエイト収入です。そしてパソコン一台で自宅でも作業が可能です。そして肉体労働とは違い、ネット上に記事が残る限り資産として残り続けます

また、私もブログを収益化させて分かるのですが、ブログは収益化できるまでの時間がかかる反面、月に16500円を超えるサイトを構築できていればもはやブログ収益を得るコツは分かっている状態だと思います。そうなれば更なる収益化も可能です。

月に5~10万円ほどの収益があれば給料面を気にせずに職場を探すこともできるようになるのではないでしょうか。さらにブログ収益は不労所得に使いもので、副業禁止の職場でも認めてくれる可能性があります。実際に副業が禁止されている職場でも不動産収益やFXなどの所得は暗黙可能となっています。

月に5~10万円の不労所得を得られるようになった状態で新しい職場の面接時に不労所得があることを伝えても受け入れてくれる職場もあるでしょう。もしかすると今の職場でも年間20万円を超えて確定申告が必要になってから職場に伝えても、許可してくれる可能性だってあります。

こんなことは肉体労働のアルバイトでは不可能です。不労所得でなければ「本業に支障がでるから」と言われやすいでしょう。

こういった点でもブログは理学療法士に向いている副業なのです。

2019年Googleアップデートで権威性が重要に

2019年のGoogleのアップデートで「権威性」が重要になったと言われています。

権威性とは自分よりも地位や権力が高い人、また専門知識を有している人の発言や行動を無意識のうちに従ってしまう人間の性質

この権威性は理学療法士という国家資格を持っている我々は、一般の人が書く医療系・リハ系・健康系などの記事に権威性を持ちやすいと言えます。ですからこのアップデートは理学療法士がブログを始めるのにむしろ好都合な状況になったとも言えます

さいごに

いかがでしょうか。ブログを始めるのも悪くないんじゃないでしょうか?

最後のおまけに理学療法士は学生の頃の臨床自習でのレポートや、働きだしてからの学術活動やらで文章を書くことは慣れている方も多いと思います。ブログを書く上で必要なのは文章を書くことの慣れも重要です。

そんな点も理学療法士がブログを副業として始めるのに適している点でしょう。

ブログは無料でも書けますし、とりあえず始めてみてはいかがでしょうか?

2020年6月現在は不動産賃貸業も始めました。牽連する記事はこちら⇓

理学療法士の大家生活がスタート!自己資金ほぼ無しから家賃収入を得るまでの行動を解説。
これまでブログ、Youtube、せどり等の副業に様々挑戦してきました。そして、2020年4月29日より2万円/月(2020年5月)の家賃収入を得ることが可能になり、理学療法士大家がスタートしました。2020円6月現在は2つ目の不動産、築古...

あわせて読みたい↓

初心者でも始められる副業の入り口編「せどり」
理学療法士や、その他の仕事をやりながらできる副業として、せどりがあります。せどりが副業として始めやすい理由として、①大半の作業を自宅&スマホでできる②収益モデルがシンプルで分かりやすい③労働時間の自由が挙げ...
「カシトケ」で時計を貸して不労所得を得よう!
理学療法士の人も含めて本業以外からも副収入が欲しいと思っている方は多いんじゃないでしょうか?特に副業にかける時間が無い方は副収入が欲しいと思いながらも挑戦できずにいるのではないでしょうか。今回、副業に時間を割くことができない方でも...
PT/OT/ST副業
スポンサーリンク
シェアする
gyankameをフォローする
人生理学療法士だけじゃない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました