家電選びは慎重に!ケチると夫婦関係が悪くなる理由

スポンサーリンク

家電って高いですよね。でも大体の人にとって家電って買い替えるタイミングがあります。私もそうですが、新居への引っ越しの時とかは思い切って買い替えるタイミングの一つではないでしょうか?特に結婚して独身時代に使っていた家電から買い替える時なんてすごいお金が必要になりますよね。

しかし、家電購入代をケチると夫婦関係が悪くなりますよ。いや、言い方を変えれば家電に少々高くてもお金をかければ夫婦関係は良くなりますよ!

私は新居購入に合わせて家電には特にお金をかけました。厳密に言うと、お金をかけたというよりは夫婦がケンカにならないような家電選びを心がけました。今では家事でのケンカはほとんどありません。

これを読んでこれから長い夫婦生活を円満に、かつゆとりある生活を送りましょう!

スポンサーリンク

家電で人生の時間消費を抑える

家電選びで夫婦の仲を良くする基本は人の手をかけないようにスイッチ一つでお掃除をしてくれるものを選ぶことです。

家庭を持ち、夫婦生活を営む上で必ず問題になるのが「家事の分担」。夫婦共働きが当たり前になり、ひと昔のように家事は女の仕事なんて考えを持っていたら必ずケンカになります。

なぜ家事を妻に任せるとケンカになるのか?シンプルな答えとして「時間が奪われるから」です。だからこの時間を奪われない家電選びが重要なのです。

人間の時間はお金では買い戻せませんよね。だから初期投資にお金をかけて時間の消費を抑えるのです。

家電で補える家事の代表的なものは3つ

家電で補えるものは「掃除」「洗濯」「食器洗い」の3つです。そしてこの3つは代表的家事です。私は新居への引っ越しに合わせてこの3つを全て買い換えました。

「掃除」

掃除はコードレス掃除機からロボット掃除機Roomba(ルンバ)床拭きロボットBraava(ブラーバ)に買い換えました。


コードレス掃除機は手軽に掃除できる一方で、以下の難点がありました。

・バッテリーが弱ると数分しかもたない

・吸引力が弱いため、カーペットの上などは何回も往復する為、時間がかかる

紙パック式の掃除機は吸引力と持続時間が無制限な点は申し分ありませんが、やはりコードによる制限や、準備のめんどくささがありますよね。お掃除ロボは吸引力などは紙パック式等に劣るわけですが、それを補う利点がたくさんあります。

・バッテリーは無くなったら自動充電&再開

・アプリから遠隔操作(外出先から動かせる)

・曜日・時間で掃除予約可

・掃除の時間から解放され別のことに使える

先ほども言いましたが、自分の時間が増えることが一番の効果です。

Braava(ブラーバ)は床拭きロボで水拭きもしてくれます。本当は最初は買うつもりもなかったのですが、K‘sデンキの店員さんがRoombaとセットならすごい値引きしてくれたので買いました。

正直、普段は床の水拭きなんてしないんですが、Braava購入後はお出かけ時にRoombaとセットで動かしていってます。帰ってきたらリビングの床がめちゃくちゃ気持良いです。余裕があればBraavaの購入もありですが、あくまでRoombaのおまけです。

「洗濯」

洗濯機は縦型洗濯機からドラム式洗濯乾燥機に変更。店員さんに縦型に比べたドラム式のデメリットを聞くと以下の3つ。

・乾燥まですると電気代が高い(1回の洗濯乾燥で70円ほど)

・縦型の方が汚れ落ちが良い

・ドラム式は値段が高い

割と気になるデメリットでしたが、実際に使ってみたメリットは以下の3つ。

・圧倒的時間の短縮

・そこまで電気代は気になるほどかかってない

・洗濯物に虫が付かない

正直洗濯物を干す手間が無くなるのは想像以上に楽なこと。干す行為って寒い日なんて地獄ですし。そして虫が洗濯物に付かないメリット!自分が小さい時に2回履いたズボンの中に虫がいました。カマキリと蜂。蜂には刺されましたwうちには小さい子どももいるので虫が付かないメリットは大きいです。

ちなみに私の家で使用するドラム式は11㎏洗濯、乾燥6㎏のタイプです。子ども1人の3人家族で問題なく使用できるキャパです。ただしこれ以上乾燥が少ないとちょっと不便を感じるでしょう。少しだけ欲を言えば乾燥はもう少し大きいほうが良かったように感じます。(布団が6kgじゃ回しにくいです…)

購入の際は洗濯機置き場の広さを図っておきましょう。


「食器洗い」

これまでの経緯でお察しでしょうが、食器洗いは手洗いから食洗器に変更しました。食洗器に変更するタイミングは新居に移る際のシステムキッチンに食洗器を付けてもらいました。食洗器に変えて感じるメリットとデメリットは以下の通り。

メリット

・手荒れがなくなった

・自分の時間確保とストレス軽減

デメリット

・電気代が高くなる(実感ないけど)

・一気に食器を入れすぎると汚れの洗い残しがある

多分誰もが考えられるメリットとデメリットですが、正直電気代は購入時にメーカーが言ってたほどは気になりません。汚れの洗い残しは食器を一気に入れなければ綺麗に落ちています。しかし掃除や洗濯同様に、家事の時間が短縮されて自分の時間になることがはデメリット以上に効果があります。

そして食洗器はシステムキッチン導入時でなくても工事不要の置き型タイプもあるので参考にしてみて下さい。


自動系家電を使用しだして少なくなった夫婦ケンカ

今回のブログのタイトル通り、家電を自動系のものに買い替えてからは家事でのケンカは90%カットです!これは本当にお金をかけて良かったと思っています。特にドラム式洗濯乾燥機とルンバは大幅な自由時間が増えました。

昔、うちの実家の母は休日の前の晩遅くから洗濯物を干して、朝早くから掃除機の音がして、、、なんて当然でした。だから私も家庭を持ったらそれが当然なのかな?って思っていましたが、今の時代にそこまで家事を徹底してくれる女性は少ないです!

(これは別に女性を非難しているわけじゃなく、夫婦共働きが増えたのと男尊女卑のむかしの考えが無くなってきた前向きな意味です)

だから男性がやるのではなくてロボットに任せましょう!

現在私の家は休日にルンバとブラーバーと洗濯乾燥機動かしてすぐに外出しています。帰ってきたら床ピカピカで洗濯ものも乾いている!この上なく楽です!

まとめ

・夫婦ケンカの原因上位である家事分担は自動系家電に任せよう

・家事に費やしていた時間を家族の時間に変えられる

・夫婦ケンカが少なくなると子どもにも優しくなれる

・お金で人生の時間は買い戻せないが、時間消費は抑えられる

色々書きましたが、結局自分たちの自由時間が増えることが一番大事です。無論自動掃除ロボや食洗器は自分の手をやった方が綺麗なのは言うまでもありませんが、何度も言いますが時間です。一日の時間、人生の時間は限られています。その時間を家事に費やすのはもったいなくないですか?

多少初期投資がかかっても夫婦円満でいられたり、そして子どもと接する時間が増えたり、本やブログ書いたり等の自己投資に回せたりと時間があればできることがたくさんあります。

家事に追われて子どもと遊べず、構ってあげられなくて怒ったりしていないですか?

そして今のあなたの家事に使う時間はどれくらいですか?

あわせて読みたい↓

お母さん必見!子供への注意の仕方【注意に怒りの感情は乗せない】
子育てで悩むポイントの一つに注意の仕方があると思います。親の言う事を聞かない、他人が嫌がる行動を取る等は2~3歳児の子どもによく見られます。親から見るとまったく理解できないレベルの行動を取ってくる子どもにダメだと分かっていても腹が立ちます...

雑記
スポンサーリンク
シェアする
gyankameをフォローする
人生理学療法士だけじゃない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました