2019年スマホ決済サービスは何を使えばお得なのか?!LINEpay・payay??シンプル&徹底比較!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホ決済サービスはいったい何を使えば良いのか?

私gyankameは2018年12月からスマホ決済サービスを本格的に使用開始しました。

そうです。あのpaypayによる100億円キャンペーンの第一弾の開始と同時に始めたのです。

カオス
カオス

現金なやっちゃなーw。

gyankame
gyankame

いやむしろあのキャンペーンで動かない方が不思議よ!

話しを戻して、 2019年現在はなんと約60種類のスマホ決済サービスがあります。w

カオス
カオス

つ、ついてけねーw泣

gyankame
gyankame

そ。だから答えを言います。

2019年4月現在は「LINEpayが優位である」と実際に使ってみて感じています。

※2019年9月時点はpaypayが優位です。

まずはLINEpayで間違いない

現在はなんといっても通常時の還元率の高さとキャンペーンの豊富さです。

私がよく使う店の種類は「コンビニ」「薬局」です。薬局で20%還元なんて、子育て世代にはかなり有難いです。LINEpayは地方に住んでいる私にもちゃんと使える薬局(ツルハ薬局)もあり重宝しています。おむつとティッシュとトイレットペーパーを店の安売り日とLINEpay20%還元が重なった時に爆買い&ストックしています。この機会をスルーしながら毎日安売りのチラシからお得商品を探すのは矛盾しています。

LINEpayは通常時は月の決済額によって還元率が変わるLINE Pay 「マイカラー」プログラムがあります。

まあ普通に日常の消費くらいに使っていたら大体みなさん還元率 0.8% のレッドでしょう。

ちなみに私もマイカラーはレッドです。これで還元率0.8%です。そして2018年8月1日から2019年7月31日の1年間、LINE PayのQR/バーコード支払いを利用すると、通常のマイカラーのポイントに「+3%」上乗せ!のキャンペーンを水面下で実施しています。

なのでマイカラーがレッドの方は還元率が基本の0.8%+3%で3.8%となります。3.8%の還元率というのは実際、驚異的な数字です。一般的なクレジットカードの還元率は1%が基本です。大手のTポイントは基本0.5%ですからね。

そこへ時折20%の還元キャンペーンが上乗せされるわけですから、23.5%~25%となり驚異的な還元率となります。

その他は不定期ですが、単純にコンビニで使える100円~300円値引きのクーポンも時折配布されます。地味に便利。

後はLINEデリマでの割引。初回はなんと50%引き!うちはすでに妻と2人でピザの注文を2回し、使っちゃいました。20%引きでも十分お得です。

他にも特定の店舗で使用できる割引クーポンや、LINEギフトなるもので割引クーポンを友達に送れたりもします。後はLINEユーザー間の送金など。

あとはこれです!請求書支払い。かなり便利です。

公共料金やショッピング代金などの請求書(振込票)をコードリーダーで読み取り、LINEpay残高で代金を支払えます。これからはどうしても自宅に届く振込用紙をコンビニに持っていく必要はなくなりそうですね。

LINEpayに関する説明が長くなりましたが、ここまで述べてきただけでもかなりお得なことが分かると思います。

カオス
カオス

要するに還元率高くて、キャンペーン多いってことね!

次点ではpaypayがお得

paypayといえば2018年12月に突如始まった100億円キャンペーンは衝撃的でしたね。たった10日ほどの期間でしたが私は炊飯器を買えましたw

カオス
カオス

ちゃっかりしとんなー。

gyankame
gyankame

ありやす!

さて、本題ですがpaypayの特徴としては時折開催される(2019年4月で2回)100億円キャッシュバックキャンペーン。これはLINEpayの20%還元と変わりありません。いやむしろ20%のみでLINEpayのような基本のポイント還元が上乗せされるわけではありません。

ではシンプルにpaypayの何が良いか?

・LINEpayが使えない店で使えたりする(私の場合、佐野屋と居酒屋。どっちもお酒w)

・約10%~20%の確率で利用額分が全額キャッシュバックされる(第2弾100億円キャンペーンでは1回あたり上限1000円まで)

payapay残高支払い:10回に1回(10%) Yahoo!プレミアム会員:5回に1回(20%)

↑ファミマで680円支払い、その残高付与が支払額と同じ680円になっています。こんな風に地味に全額キャッシュバックが当たります。

これはLINEpayにないpaypayの1番の特徴ですね。

もう1つの特徴としてクレジットカードとの紐付けにより、残高が無くてもクレジットカード決済が自動ででき、paypayでの0,5%のポイントキャッシュバックとクレジットカードの1%ポイント獲得の合計1,5%のポイント二重取りが可能になります。

※100億円還元キャンペーン時には残高からの支払いが20%キャッシュバックの条件となり、クレカとの二重取りはできません。

その他にもLINE Payも同じ「他者への送金」も可能です。あとはpaypayがLINEpayなど他のスマホ決済により勝っているという分けではなく、単純にpaypayは使えるが、その他の決済サービスは使えない店という場合があります。

結局はそれぞれ各サービスに特徴あり

結論として、どの決済サービスが一番お得というのは現時点では決めることはできず、それぞれに秀でた特徴があります。なので私はその中でも自分の生活圏でと生活スタイルでお得に使いやすいサービスであるLINEpayとpaypayを両方持っています。

それぞれのサービスがキャンペーンをやっています。2019年4月現在は、上手く使えば日常の中でほとんど20%キャッシュバックが受けられる状況です。

厳しい話しですが、今の時代に情報弱者は本当に損します。今後も新たなサービスやキャンペーンが必ず生まれていきます。しっかりと情報収集し、お得に&便利に生きていきましょう。

節約方法
スポンサーリンク
シェアする
gyankameをフォローする
人生理学療法士だけじゃない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました