転職を意識した医療職(理学療法士)としての働き方

スポンサーリンク

終身雇用が保障されないこの時代に必要なのは、転職スキルが重要になると思います。どの民間企業においても終身雇用が危ぶまれている昨今、一見すると定年まで雇ってもらえるスキルが重要になると思いがちですが、実は逆に「転職スキル」が重要になるのではないか考えています。

この転職スキルが指す意味は、いつでも転職できるように市場価値を意識しながら働き、生きることです。

今回、この転職スキルについて

「どういう考え方で働けばいいか?」

「転職は実際にどうすればいいか?」

ということを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ「いつでも転職できるようにする」という考え方が必要なのか?

終身雇用に関しては2019年、トヨタ自動車の豊田章男社長が「現状のままでは終身雇用の継続が難しい」との見解を明かし、ニュースになりました。

このニュースを聞いた時、人によって2つの考えが起こると思います。

1つは「今の職場に定年まで居られるように頑張ろう」という考え。もう一つは「いつでも転職できるように準備しておこう」という考え。どちらも否定はしませんが、前者は自分でコントロールしきれないというのが私の考えです。

リストラに関してはどんなに会社に貢献し、業績を残して働いていてもリストラの対象になることがあります。長期間かけて会社に貢献した人はその分給料が高い傾向があり、経営改革の際に対象となる可能性が高いですからね。

加えて私の考えとして、人生は「自分の人生の時間で生きること」という考えが私にはあり、前者の「今の職場に定年まで居られるように頑張ろう」とする気持ちはいつの間にか「相手(会社)に気に入られるように生きよう」としてしまい、他人の人生の中で生きてしまいがちであるという事です。

こんな終身雇用が保障されない時代においてはなおのこと、転職が選択肢にないから今の会社にしがみつかなくてはならないという状態を避けることが大事です。そして、いつでも転職できるが、この会社で働き続けたいと思える状況になることが重要だと考えています。

もしも転職したい理由が現職場と折り合いが悪く、退職をしたくても中々言い出せない人はこちら⇓

退職代行サービスとはどんなものか?
退職代行サービスとは、自分に代わって弁護士もしくは代行業者が会社に退職の旨を伝え、手続きをしてくれるサービスのことです。退職代行サービスは2018年頃に退職代行EXITがメディアで取り上げられて有名になりました。こちら→退職代行EX...

では実際に転職できるような状態にするにはどうするか?

いつでも転職できるような状態にするには、

自分を評価してくれる人達がいる場所に身を置くこと

自分の市場価値を客観視できる情報に触れておくこと

が重要です。

それはつまり、

同じ業界の他職場の人達がいる場所に顔を出すこと

転職サイトを利用する

この2つです。

①について理学療法士が同じ県下で転職先を探す時、求人サイトに掲載される前に声がかかることが実際にあります。いわゆるコネというやつですね。これはどう身につけるか?代表的な方法は各都道府県士会の部会に入り活動することです。

現在の都道府県士会の部会仕事は低報酬&多業務です。唯一のメリットは人脈の形成です。自分の部会への活動内容が評価され、そこから水面下で就職依頼を受けることがあります。

もう一つは何かしらの研究会に所属し、学会や研修会などで頻回に出席することで自分を売り込む方法です。こちらも費用がかかりますが、同じ目標や考え方を持っている人達と接することができるので、共感や興味を持たれることが多い場所となります。しかし、自ら積極的に行動しないと、ただのイチ会員で終わってしまいます。

やはり同じ理学療法士として転職を希望するなら、自分の価値を評価してくれる人に直接関わることも重要です。ただ講習会に参加して帰るだけでは個人のレベルは上がっても転職に必要な繋がりは何も産まれません。

➁の転職サイトの利用は、①と違ってやりたくもない士会の活動への参加や、研究会への参加からの積極的な自分の売り込みも必要ありません。①で自分を積極的に自分を売り込むことが苦手な人に向いています。

まず転職サイトは、

自分の経歴を登録することで企業に選んでもらう「スカウト型」

キャリアアドバイザーから自分に合った企業を紹介してもらう「エージェント型」

があります。この「スカウト型」と「エージェント型」どちらにせよ今の自分の市場価値を知れる方法として有用です。

そして今の自分の市場価値を知れるということは、同時に今の自分が市場から見て足りない部分が見えてくることにもなります。だから、転職しなくても転職サイトを利用することで、常に自分の市場価値を高めながら働くことができるということです。

おすすめの転職サイトは?

どのサイトも基本的に医療分野・介護分野全ての求人情報を取り扱っています。

①メドフィット

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

〇新卒から管理職希望、ブランクがある方人でもOK

〇常勤だけでなく非常勤の求人(扶養控除内・時短・週○日~など)もOK。Wワーク、子育て中も可能

〇介護未経験、整形未経験などのキャリアでもOK

30秒程度で簡単に登録ができます!登録すれば、面接前にセラピストの人数や年齢層などの確認ができることや、事前に内部の情報収集がしやすいという点があります。

➁マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

全国19ヶ所にオフィスを展開(直接相談が可能!)

〇1分程度で簡単に登録可能

さいごに

過去には就職に困らなかった理学療法士という職業も今後は供給過多となり、就職難な時代はほぼ間違いなく来るでしょう。そんな時代になってからでは間違いなく遅いのです。

最初のほうにも言いましたが、供給が過多となり転職が厳しくなってから今自分がいる職場にしがみつこうとしだすことだけは絶対に避けたい生きかたです。

今の職場が気に入っているなら職場から求められる人材になりましょう。そして今はまだ若く、経験の為にいる人や、まだ将来のことまで見通せない人は今回説明した転職を意識した働きかたも必要でしょう。

また、転職の際に必要な退職に関する記事はこちら⇓

退職代行サービスとはどんなものか?

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました